不動産売却プラン

不動産の売却方法は大きく不動産会社による仲介と不動産会社へ売却の二つに分かれます。

仲介と買取のメリット・デメリット

あなたは不動産をどんな手順で売却するかイメージはできていますか?
不動産を売却するには大きく二つのパターンに分かれます。
まずは「仲介」と「買取」の違いについてご紹介します。

不動産業者が購入者を探す「仲介」

不動産業者に家や土地の売却を頼み、不動産屋が広告や不動産流通ネットワークを利用して購入者を探します。
買主が見つかり、制約する際には国土交通省の規定内の仲介手数料が必要です。
必ずしも買い手が見つかるとは限りませんが、買取に比べて高く売れることが特徴です。

不動産業者が購入者になる「買取」

不動産業者が直接土地や家を買い取ります。
家を買ってくれる人を探す時間を省けるため、すぐに家を売ることができるのが特徴です。
直接の売買なので、仲介手数料の必要がありません。

「仲介」と「買取」にはそれぞれメリットとデメリットがあります。
新居の予算や、売却までの期間に余裕があるかなどを踏まえて自分に合う売却方法を選ぶことが大切です。

ご要望に合わせて選べる2つのプラン

不動産売買サポート郡山では、できるだけ高く家を売却できる「じっくり仲介プラン」・あなたのスケジュールに合わせて売却できる「あんしん買取プラン」をご用意しております。